• eドリルを受講している人はこちら
  • 受講効果・目的
  • 受講システム
  • 充実のサポート
  • 費用・環境について
  • eドリルトップページ

eドリル トップページ > That's GAKU(2016年10月)

2016年10月

「台湾総統選挙」で女性が初当選

安倍晋三首相は、6月1日、「消費税増税再延期」を表明。消費税の税率10%への引き上げを、2019年10月まで2年半先延ばしにすると発表した。
その理由は、来年に消費税を引き上げると、やっと回復してきた国内の消費がまた減って、景気が悪くなる可能性があるから。
当初、2015年10月に行われるはずだった消費税10%への引き上げは、2014年11月に一度延期が決定し、2017年4月からとなっていたので、今回の延期は2度目。
消費税の引き上げが延期されると、短期的には個人の消費が落ち込まないので、景気が悪くなるのを避けられる。しかし、長期的には、増税が先送りされるほど経済状態が悪く、年金も減らされるかもしれないと心配になり、貯金をする人が増えて景気が悪くなるかもしれない。
また、消費税の引き上げで見込まれていた4兆円の増税分は、社会保障費に当てる計画だったが、それがなくなり、財源のめどが立たなくなった。
さらに、借金を増やしてきた国の財政を増税分で再建し、2020年度には政策に必要な予算を、国債発行などの借金に頼らずに税収などで用意できるようにする「基礎的財政収支(プライマリーバランス)の黒字化」という目標を掲げてきたが、その達成も遠のきそうだ。
黒字化が遅れれば、それだけ国の借金が膨らむ。目先の税負担は増えないが、将来のことが心配にもなる延期だね。

「伊勢志摩サミット」に参加した国は?

日本銀行が導入した「マイナス金利」とは?

5月26・27日に、三重県で「伊勢志摩サミット」が開かれた。「サミット」とは、「主要国首脳会議」の通称。
「サミット」は、もともと英語で「頂上」という意味。1975(昭和50)年に、フランスのジスカールデスタン大統領が先進国の首脳に、一堂に会して話し合おうと呼びかけ、日本、アメリカ、イギリス、ドイツ、イタリアが参加。この6か国で行われた「先進国首脳会議」が「サミット」の始まり。山の「頂上」のような先進国のトップが集まるのでサミットと呼ばれた。
その後、カナダ、ロシアが加わって8か国になったが、ロシアは「先進国」と呼びにくいため、日本語では「主要国首脳会議」と呼ぶことが多くなった。
ところが、ロシアは、ウクライナ問題をめぐる対立から、一昨年のサミットで除外され、それ以来、参加していない。したがって、今回、参加した国は、日本、フランス、アメリカ、イギリス、ドイツ、イタリア、カナダで、主要7か国(G7)首脳会議だった。
伊勢志摩サミットでは、中心となる「首脳宣言」のほか、テロ対策、サイバー対策、保健対策、腐敗対策、インフラ投資、女性活躍の6分野について話し合われ、付属文書を採択した。 
「首脳宣言」では、世界経済の問題に多くの分量が割かれ、世界経済の状態が悪くなる危険性が高まり、紛争、テロ、難民がさらに経済状態を厳しくしているので、各国が協力して経済政策を強化すると宣言した。
外交政策では、IS(イスラム国)への対策を強化する方針を盛もり込み、北朝鮮に対しては、核実験と弾道ミサイル発射を非難、ロシアに対してはクリミア半島の併合を改めて非難した。また、名指しはしなかったが、中国が東シナ海、南シナ海で引き起こしている緊張状態についての懸念も明記された。
主要国が協力して解決しなければならない問題は、年々増えている。

「国立西洋美術館」が世界遺産に登録!

議席を配分する「アダムズ方式」とは?

7月17日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺委員会で、「国立西洋美術館」本館(東京都台東区)を含む17資産が、「ル・コルビュジエの建築作品」として、世界遺産の文化遺産として登録された。国内の文化遺産はこれで16件目。自然遺産も含めた世界遺産は20件目。
20世紀を代表するフランス人建築家、ル・コルビュジエ(1887〜1965)は、1927年に、「近代建築の五原則」を提唱した人物。五原則とは、「ピロティ」(1階部分の壁を取り払った柱だけの構造)、「屋上庭園」、「自由な平面」、「水平連続窓」、「自由なファサード」(建物の正面部分)。
世界遺産委員会は、コルビュジエの建築作品を、「人類の創造的才能を表現する傑作。近代建築運動が誕生し、半世紀にわたって世界規模で広がった前例のない交流を示している」と普遍的な価値を認めた。
17の資産は、フランス国内の10資産のほか、スイスに2資産、ドイツ、ベルギー、アルゼンチン、インド、日本に各1資産あり、フランス政府が主導して各国が共同推薦していた。
国立西洋美術館本館は、コルビュジエが日本で手がけた唯一の作品。彼自身が基本設計をし、弟子である3人の日本人建築家、前川國男、坂倉準三、吉阪隆正が協力して、晩年の1959(昭和34)年に完成した。鉄筋コンクリート地下1階、地上3階建てで、らせん状の階段やピロティが特徴。「日本における近代建築運動に大きく貢献した」と評価された。
東京都内で、世界遺産に登録された資産は、国立西洋美術館が初めて。多くの人が訪れる東京の上野公園内にある。
コルビュジエは日本人の3人の弟子だけでなく、代々木体育館を設計した丹下健三など、日本の多くの建築家、代表的な建築物に影響を与えた。

「生前退位」の意向を天皇陛下が示唆

88年ぶりに実現!米大統領の「キューバ訪問」

天皇陛下は、国民に向けたビデオメッセージを8月8日に発表され、「生前退位」の意向を示唆した。生前退位とは、天皇陛下が生きているうちに退位し、皇太子に皇位を譲ること。
現在、皇位継承については、憲法第2条に「世襲」と規定され、継承の方法は「皇室典範で定める」としている。「皇室典範」は、皇位継承の方法や順位などを規定した皇室制度の基本法。「旧皇室典範」が1889(明治22)年に制定され、主要部分を引き継いだ現在の「皇室典範」が、1947(昭和22)年、日本国憲法と同時に施行された。
天皇の即位については第4条で、「天皇が崩じたときは皇嗣(皇位継承順位第1位)が直ちに即位する」と規定されているが、退位については規定がない。
歴代の天皇の中には、生前に退位して皇位を譲った人が58人いるが、最後の例が1817年に退位した光格天皇で、皇室典範ができる前のこと。
政府はこれまで、生前退位は認められないという見解を示してきた。その理由として、@退位を認めると(皇室典範にない)「上皇」という存在が生まれ、弊害が生じる恐れがある。A天皇の意思ではない強制退位の可能性が出てくる。B天皇が自分の意思で退位することは象徴という立場になじまない。といったことを挙げている。
天皇陛下は、「高齢 による体力の低下」により、「象徴としての務めを果たしていくことが難しくなるのではないか」と案じている。皇室典範では、天皇が重い病気にかかるなどして長期間、国事行為ができないときは、「摂政」を置くことができると定めている。しかし、天皇陛下は、摂政が置かれた場合、天皇が務めを果たせぬまま天皇であり続けることを心配している。昭和天皇崩御前後のことも考えて、国民の暮らしに影響を与えず、家族が葬儀と即位の行事で大変な思いをしないためにも、生前退位ができるようにして象徴天皇の務めが途切れなく続くよう国民の理解を求めた。

 

NEWS CALENDAR

衆議院の議員定数が10 減で「465 議席」に

衆議院の議員定数を10減らす「改正公職選挙法」が成立し、定数は「465議席」に。小選挙区で青森、岩手、三重、奈良、熊本、鹿児島、比例区で東北、北陸信越、近畿、九州ブロックが1議席ずつ減る。人口比に近い「アダムズ方式」の議席配分は、2022年以降導入される。

 


 

オバマ大統領が「広島」を訪問

アメリカのオバマ大統領が「広島」を訪問した。アメリカ軍が1945年8月6日に原爆を投下してから、アメリカの現職大統領が広島を訪れるのは初めて。原爆死没者慰霊碑に献花したあと、世界に向けて声明を発表し、「核兵器のない世界」を追求していく必要性を訴えた。

 

 

記憶遺産を「世界の記憶」に変更

文部科学省は、ユネスコが登録する歴史的記録物について、「記憶遺産」というこれまでの日本語表記を「世界の記憶」に変更。ユネスコの「世界遺産」や「無形文化遺産」とちがい、国際条約に基づいて登録されるものではないので、同列ではないことを示すための変更だという。

 

 

「パナマ運河」の拡張で日本の輸入に恩恵

太平洋と大西洋をつなぐ中米の「パナマ運河」で拡張工事が完成し、運用を開始した。これまでより大型の船舶の通行が可能になり、アメリカ産シェールガスなど、メキシコ湾から日本へ運ばれる液化か天然ガスの輸送費用と日数が、スエズ運河経由より大幅に節約できる。

 

 

衆参両院で156人の「民進党」結党

室町幕府3代将軍、足利義満が建立した金閣のある「鹿苑寺」で、1416年に落雷で焼失したと伝わる「北山大塔」の九輪(仏塔の頂上部の装飾)の一部とみられる破片が出土した。北山大塔は七重塔で、木造建築としては史上最高の100m以上の高さだった可能性がある幻の塔。

 

 

政府機関の「地方移転」を決定

参議院選挙の結果、自民党、公明党が改選前より議席数を伸ばし、憲法改正に前向きなおおさか維新の会や無所属の議員などを合わせると、「改憲勢力」(憲法改正を支持する議員)が、参議院(定数242議席)の3分の2(162議席)を超えた。憲法改正の発議が可能になった。

 

 

リオオリンピックで「41 個」のメダル獲得

史上最多の205か国・地域と難民選手団が参加したリオ五輪が閉幕。28競技306種目が行われ、日本は前回のロンドン五輪を上回る史上最多の「41個」のメダルを獲得。金メダル12個は世界6位で、2020年の東京五輪に弾みをつけた。今後、東京でも本格的な準備が始まる。

 

 

1万円札を「1億8000万枚」増刷

マグニチュード6.2の「イタリア中部地震」が発生。8月31日現在、死者294人。古い建物が多く、建物の下敷きになった人が多かった。2000年代に入り、新しい建物については法整備が進み、耐震基準が定められた。しかし、基準を満たしている建物は全体の14%ほどだという。

 

 

ページの先頭に戻る