• eドリルを受講している人はこちら
  • 受講効果・目的
  • 受講システム
  • 充実のサポート
  • 費用・環境について
  • eドリルトップページ

eドリル トップページ > That's GAKU(2015年2月)

2015年2月

築き上げた安全性と正確性「新幹線50年」

築き上げた安全性と正確性「新幹線50年」

 1964(昭和39)年、東京オリンピック直前に開業した東海道新幹線は、2014年10月1日、「新幹線50年」の記念日を迎えた。
 開業当時の最高時速は210㎞。時速200㎞を超える高速鉄道の開業は世界初だった。50年間で最高時速は270㎞まで向上し、今年3月には285㎞まで引き上げられる。利用者も増加し、東海道新幹線の1日の平均乗客数は、開業当時の約7倍になった。
 半世紀の間に新幹線の路線も増え、3月14日には、北陸新幹線の長野─金沢間が新たに開通する。2016年3月には北海道新幹も開業し、北海道から九州まで新幹線のレールで結ばれる予定だ。
 日本の新幹線は速さもさることながら、安全性と正確性で他の追随を許さない。50年間、乗車中の乗客が死亡するような事故を1件も起こしていない。また、過密ダイヤでも定時運行が守られている。
 これからは、この実績をセールスポイントにして、新幹線をシステムごと海外に売り込む時代。インド、ベトナム、タイ、マレーシア、インドネシアなどアジア各国に高速鉄道の整備計画があり、アメリカ、ブラジルなどでも計画が持ち上がっている。すでに台湾では新幹線のシステムが導入されているが、インドでも導入に向けた調査が進められており、アメリカ・カリフォルニア州の建設計画でも候補に挙がっている。次の50年で新幹線のレールがどれくらい海外に延びるのか楽しみだね。

何を決める投票なの?「スコットランド住民投票」

何を決める投票なの?「スコットランド住民投票」

 スコットランドは、イングランド、ウェールズ、北アイルランドとともにイギリスの連合王国を構成する地域の一つ。つまり、イギリスの一部だ。
 そのスコットランドが、世界から注目されるできごとがあった。9月18日の「スコットランド住民投票」だ。イギリスからの独立に賛成か反対かが問われた。16歳以上の住民に投票権があり、1票でも多いほうの意見に決まる。賛成多数なら、スコットランドは独立して国になる。
 もともとスコットランドは独立国だったが、隣のイングランドに侵略され、支配された歴史を持つ。1707年、イングランドとともにイギリスの連合王国となって約300年。独立したいという民族意識はあったが、イギリスの一員でいたほうが経済的に利益があった。ところが今、スコットランドには税収の多い北海油田があることもあり、独立の機運が高まって、住民投票で決めることになった。
 独立となれば、イギリスのほかの地域への影響も大きく、イギリスの国力低下は避けられない。北海油田の税収がなくなるのも痛手だが、安全保障でも問題がある。核ミサイル搭載型原子力潜水艦の基地はスコットランドにある軍港。スコットランドが独立すれば、原潜を別の基地へ移さなければならないが、核兵器の配備には住民の同意も必要で、容易ではない。
 住民投票直前の世論調査で、初めて独立賛成派が51%と反対派を上回り、投票結果が注目されたが、結果は賛成44・65%、反対55・25%で、独立は回避された。通貨のポンドが使えなくなるなど経済的な不安が上回り、イギリスにとどまることを選んだ住民もいる。
 それでも、スコットランドの半数近い住民が独立を望んでいるという事実は重大で、投票直前、慌てたイギリス政府は、「最大限の自治権を認める」という約束をした。投票1か月後には、独立運動を主導した政党の党員が3倍に増え、独立派は活気づいているという。近い将来、また住民投票が行われる日が来るかもしれない。
 ヨーロッパには、スペインのカタルーニャやイタリアのベネトなど、ほかにも分離独立運動をしている地域が各国にある。スコットランドの住民投票に刺激され、独立運動が活発になっているところもあり、中央政府を悩ませている。

反政府デモが行われた香港の「一国二制度」って?

反政府デモが行われた香港の「一国二制度」って?

 香港は、中国の一部であるにもかかわらず、自由な雰囲気があるね。その理由は、中国の中でも香港とマカオには、「一国二制度」のもとで、高度な自治(住民が自分たちで政治を行うこと)が認められているからだ。一国二制度とは、社会主義の中国で、資本主義の経済と高度な自治を認める統治制度。
 イギリスの植民地だった香港は資本主義の経済で発展したため、1997年に中国へ返還されるとき、イギリスと中国は、外交と国防を除く「高度な自治」を50年間認めると宣言。(1999年にポルトガルから返還されたマカオも同じ。)そのため、中国本土とは違い、言論の自由や司法の独立なども保障されている。
 ところが、その香港で中国の影響力が強まり、一国二制度で保障されている「自治」が守られなくなるのではないかという危機感がつのって、昨年9月、大規模な反政府デモが起こった。
 きっかけとなったのは、行政長官選挙の新しい制度についての全国人民代表会議(全人代)の決定だった。香港の行政長官は、香港の憲法にあたる「香港基本法」で、2017年から普通選挙で選ばれることになっていた。しかし、中国の国会にあたる全人代の委員会が決めた選挙制度は、選挙権は18歳以上の住民に与えるものの、中国寄りの委員会が選んだ候補者しか立候補できないしくみだった。
 そのため、学生を中心に、全人代の決定の撤回と、誰でも立候補できる選挙制度の導入を要求して、数万人が参加するデモが繰り返され、幹線道路などが占拠された。
 デモ隊の要求は聞き入れられず、デモが長引いた。交通の妨げになり、経済活動も混乱したので、12月15日に警察がデモ隊を排除 し、2か月半にわたるデモは終わった。香港の反政府デモの背景には、一国二制度という特別な事情があったんだね。

日本独特の「和紙」がユネスコの無形文化遺産に!

 11月26日、ユネスコの委員会は、日本政府が提案していた「和紙 日本の手漉和紙技術」を、無形文化遺産に登録した。前年の「和食」に続き、「手漉和紙」の技術が日本独特の文化として評価されたことになる。
 無形文化遺産は、2006年発効の無形文化遺産条約に基づいてユネスコが審査し、登録をしている世界の伝統的な芸能や祭礼、工芸技術など。
 実は、和紙では、「石州半紙」(島根県浜田市)が2009年に無形文化遺産に登録されているが、「本美濃紙」( 岐阜県美濃市)と「細川紙」(埼玉県小川町・東秩父村)も製作技術が似ているということで、3つを一括して「和紙」とし、登録し直すことになったのだ。そのため、日本の無形文化遺産の登録件数は、前年と同じ22件。
 今回、登録された3つの地方に伝わる手漉和紙は、クワ科のコウゾという植物を原料にしている。コウゾの木の皮をむいて煮たあと、繊維をどろどろになるまで細かくほぐす。その繊維を、簀桁などと呼ばれる伝統的な製作用具ですくい、手で揺らしながら繊維を絡ませ、紙に仕上げるのが手漉和紙の技術だ。
 この技術は、8世紀ごろから伝えられているもので、奈良の正倉院には、約1300年前の戸籍用紙として使われた和紙が残っている。手漉和紙は丈夫で長持ちすることを証明しているね。
 和紙は、書道の用紙や障子などに使われるのはもちろん、照明などのインテリアにも使われている。けれども、手漉和紙を生産する人は減少傾向。この50年で、和紙を生産する世帯は10分の1以下になり、2007年には全国で約300世帯にまで減ってしまった。無形文化遺産への登録をきっかけに、和紙のすばらしさが見直され、手漉和紙の伝統技術を受け継ぐ人が増えるといいね。

日本独特の「和紙」がユネスコの無形文化遺産に!

NEWS CALENDAR

テニスの全米オープンで「錦織圭」が準優勝

プロテニスプレーヤーの「錦織圭」選手が、全米オープンで準優勝を飾った。テニスの国際大会では、全豪オープン、全仏オープン、ウィンブルドン選手権、全米オープンを4大大会といい、最も権威ある大会とされているが、4大大会で決勝に進んだのは、日本人初の快挙。

 

アメリカ軍がシリアで「イスラム国」を空爆

イスラム過激派「イスラム国」を解体するため、アメリカ軍がシリアで空爆を開始。イラクでは8月から空爆を行っているが、イスラム国の兵士が隣のシリアへ逃げ込むため、空爆の範囲を広げた。作戦には、サウジアラビア、アラブ首長国連邦など中東5か国も参加した。

 

「健康寿命」が男女とも延びる

2013年の「健康寿命」の平均は、男性が71.19歳、女性が74.21歳で、3年前より男性が0.78歳、女性が0.59歳延びた。健康寿命とは、介護などの必要がなく、日常生活が送れる期間。人の手を借りずに健康で長生きできることは幸せにもつながるので、喜ばしい傾向だ。

 

インドネシアに「約4万年前」の壁画

インドネシアのマロス洞窟に残る手形の壁画が、「約4万年前」に描かれたものだとわかった。これまで、約4万800年前に描かれたスペインのエルカスティーヨ洞窟のものが最古の洞窟壁画とされていたが、インドネシアの壁画が世界最古の芸術≠ニなる可能性が出てきた。

 

3年ぶりに開かれた「日中首脳会談」

安倍晋三首相と習近平国家主席との「日中首脳会談」が開かれた。この会談は、北京で行われたアジア太平洋経済協力会議(APEC)に合わせて行われたもの。日中首脳会談の開催は3年ぶりで、冷え込んだ日中関係の改善を目指すことで一致した。

 

「消費税10%」への引き上げを先送り

「消費税10%」の実施時期を、2015年10月から2017年4月に、1年半先送りすることが決まった。2015年10月に消費税を引き上げるかどうか、景気の動向を見て判断することになっていたが、7〜9月の国内総生産がマイナス成長で、景気が低迷しているための判断だった。

 

「藤原宮跡」で格式の高い建物跡が出土

飛鳥時代の都だった藤原京にある「藤原宮跡」(奈良県橿原市)で、建物跡が発見された。建物跡は東西約11m、南北約8m。格子状に柱を数多く配置し、柱の下に礎石を据えた格式の高い建物で、鐘楼などの楼閣か、高床の倉庫だったとみられる。

 

「衆議院議員選挙」で自民・公明が圧勝

「衆議院議員選挙」の投開票が行われ、与党の自民党と公明党が325議席を獲得。定数475議席の3分の2を上回り、圧勝した。安倍首相は、経済政策「アベノミクス」についての評価を今回の選挙の最大の争点としていたので、この政策が国民に支持されたと判断している。

 

ページの先頭に戻る