• eドリルを受講している人はこちら
  • 受講効果・目的
  • 受講システム
  • 充実のサポート
  • 費用・環境について
  • eドリルトップページ

eドリル トップページ > That's GAKU(2010年10月)

2010年10月

日本や世界の動きを知るキーワードと、過去4か月に起こった主なできごとをまとめてあるよ。これで地球の動きに強くなろう!

2010年 NEWS CALENDAR

「正始元年の鏡」が桜井茶臼山古墳から出土

「正始元年の鏡」が桜井茶臼山古墳から出土

 奈良県立橿原考古学研究所は桜井茶臼山古墳(桜井市)から発掘された銅鏡のなかに、「正始元年の鏡」があったと発表した。桜井茶臼山古墳は3世紀末から4世紀初めに造られた前方後円墳。1949(昭和24)年に発掘され、武器や副葬品が出土。銅鏡の破片も53点見つかっており、2009年1月から再調査が行われていた。
今回の調査で、新たに銅鏡の破片331点を採取。ほかの古墳から出土した銅鏡の文様などと照合して、13種類、81枚の銅鏡が確認された。これは、種類も枚数も国内で最多。銅鏡は当時の権威の象徴で、桜井茶臼山古墳が大王クラスの人物の墓であることを示している。
81枚の鏡のうち26枚が「三角縁神獣鏡」と呼ばれる形式で、そのうちの1枚に「正始元年」(240年)の銘文が入っていた。正始元年は邪馬台国の女王、卑弥呼が中国の魏に使いを送り、鏡をもらったとされる年。「正始元年の鏡」はこれまでに3つの古墳から出土しており、今回発見されたものは、群馬県の蟹沢古墳から出土した鏡と同じ鋳型で造られていた。このことで、邪馬台国はどこにあったか≠ニいう論争がまた活発になった。
桜井茶臼山古墳があるのは、昨年、3世紀前半の大型建物跡が発見され、卑弥呼の宮殿跡ではないかといわれている纒向遺跡から4qほどのところ。邪馬台国大和説(奈良にあったという説)を唱える研究者は、「今回の発見で、大和にあった邪馬台国が魏から三角縁神獣鏡をもらい、それを全国の豪族に配ったことがわかった」と主張し、九州説を唱える研究者は、「三角縁神獣鏡が近畿を中心に分布しているのは、近畿で造られたからで、正始元年の年号を入れたのは、魏を権力の拠り所にするためだ」と主張している。この論争は、今後も続きそうだ。

大地震のあったハイチへ「PKO派遣」

大地震のあったハイチへ「PKO派遣」

 政府は、2月5日、ハイチへの「PKO派遣」を決めた。これは1月12日の大地震で甚大な被害が出たハイチで、復興支援をする国連平和維持活動(PKO)に参加するため。
PKOへの派遣は、「PKO協力法」で定められており、「武器使用は要員の生命防護などのための必要最小限に限る」などのPKO参加5原則がある。
日本が初めて参加したのは、1992(平成4)年のカンボジアへの派遣で、今回の派遣が7回目。ゴラン高原、ネパール、スーダンへの派遣は継続中だ。
今回は、陸上自衛隊の施設部隊約350人が、ブルドーザーなど約150台をハイチに持ち込み、11月末まで、がれきの撤去作業や道路の補修などインフラ整備を行う予定。ハイチへの派遣は、1992〜93年のカンボジアへの約600人、2002〜04年の東ティモールへの約680人に次ぐ規模になる。
2009年末の時点では、日本のPKO派遣人数は39人で世界の85位。一時はトップだったODA(政府開発援助)の額も2008年には5位にまで低下していて、国際貢献では、日本の存在感が薄れているといわれている。今回の派遣は、それを挽回する人的貢献としても期待されている。

「平成の大合併」で市町村数が半減して1727に

 3月31日をもって合併特例法の期限が切れ、「平成の大合併」が終了した。
平成の大合併とは、国が地方自治体の基盤強化を目的に、合併特例法を改正し、市の人口の条件を緩和したり、財政上の優遇をするなどして促進した市町村合併のこと。
合併特例法改正前の1999(平成11)年3月には、全国に3232あった市町村が、11年間でほぼ半減し、今年3月末には1727になったが、都道府県によって合併が進んだところとそうでないところの差が大きい。いちばん合併が進まなかったのは東京都と大阪府で、東京は市が1つ、大阪は町が1つ減っただけ。それに対して、長崎県は79あった市町村が21に、広島県は86あった市町村が23に、新潟県も112あった市町村が30に減って、いずれも70%を超える減少率だった。
合併で話題になった市町村もいろいろある。岐阜県高山市と周辺の9町村が合併してできた新しい高山市は、全国で最大の面積を持つ市となり、香川県や大阪府より広い。長野県山口村は隣の岐阜県が生活圏となっているため、岐阜県中津川市と越県合併し、岐阜県に入った。
平成の大合併により市町村の首長や議員の数が約2万1000人減った。これによって人件費が減り、年1200億円の支出が削減されたことになる。さらに、市町村の職員の削減や公共施設の統廃合などによっても経費が削減され、10年後には年間1兆8000億円の経費削減効果があるという試算もある。しかし、しばらく時間がたってみないと、平成の大合併の効果は正しく評価できないかもしれないね。

「新START」に米露首脳が署名

 アメリカのオバマ大統領と、ロシアのメドベージェフ大統領が、4月8日、チェコのプラハで、「新START」(新戦略兵器削減条約)に署名した。
新条約は、1991年に署名、昨年12月に失効した「START1」(第1次戦略兵器削減条約)のあとを継ぐもの。
「新START」では、両国が配備する戦略核弾頭を、2002年に署名した「モスクワ条約」の上限、2200発より約3分の1少ない1550発以下に、7年以内に削減する義務を負っている。また、大陸間弾道ミサイルの発射機や潜水艦発射弾道ミサイルの発射機などの削減も盛り込まれている。
オバマ大統領は、就任当初から核なき世界≠目指しており、4月6日には、新STARTの署名に先立って、新核戦略指針「核体制の見直し(NPR)」を発表している。そのなかには、アメリカが核兵器の使用を考えるのは、アメリカや同盟国が極限の状況になったときに限られ、「核拡散防止条約(NPT)」を守っている非核国に対しては、通常兵器や生物・化学兵器で攻撃されても、核兵器による報復は行わないと初めて明記された。これは前のブッシュ政権からの方針転換で、核兵器の使用を大幅に限定したものとして注目される。
さらに、4月12、13日には、オバマ大統領主催の「核安全保障サミット」をワシントンで開き、参加47か国が協調して、4年以内に核物質の国際管理体制を確立することを政治声明として採択した。国際社会に核の脅威を訴ったえながら、共感を得て、核なき世界≠フ実現に向かい、一歩ずつ歩み出している。

刑事訴訟法の改正で殺人の「時効廃止」!

刑事訴訟法の改正で殺人の「時効廃止」!

 これまで、殺人にも罪を問えなくなる時効があったが、4月27日に成立した改正刑事訴訟法では、殺人や強盗殺人など法定刑に死刑がある罪については、「時効廃止」となった。また、殺人以外で人を死なせた罪の時効期間は2倍に延長され、傷害致死、危険運転致死は10年から20年に、業務上過失致死は5年から10年に時効までの期間が延びた。
そもそも時効があるのは、犯罪が起きて一定期間が過ぎると、証拠が失われてしまったりして公正な裁判ができなくなることが理由だ。しかし、現在は科学捜査などの発達により、昔はわからなかった事実がわかるようになり、犯人逮捕につながることもある。
また、時間がたてば遺族が犯人を罰したいという感情が薄れるというのも、時効が設けられた理由だが、実際には薄れるどころか、時効によって犯人の逃げ得になり、遺族がさらに無念な思いをすることもある。そうした遺族の心情をくみとった形の改正になった。
ただ、時効が完了していなければ、すでに起こった犯罪についても適用するというのは、法律ができる以前のことには適用しないという遡及処罰を禁じた憲法39条に触れるので、問題だという意見もある。

2010年 NEWS CALENDAR

1/16

海上自衛隊による「インド洋給油」終了

海上自衛隊は、新テロ対策特別措置法の期限が切れたため、2001年から行ってきた「インド洋給油」活動を終了した。自衛隊が他国の軍事作戦に協力したのは初めてで、批判もあったが、海外の国々にアピールできる国際貢献活動の機会だという評価もあった。

1/27

アメリカ向けを抜き「中国向け輸出」第1位

2009年の貿易統計で、「中国向け輸出」が第1位となり、中国が日本の最大の輸出国となった。輸出相手先で、中国がアメリカを抜いたのは、戦後初めて。すでに輸出入総額では中国が最大貿易相手国だったが、これで輸出、輸入相手とも中国がトップとなった。

2/9

イランが「20%」のウラン濃縮開始

イランのアフマディネジャド大統領は、ウラン濃縮施設で製造するウランの濃縮率を、3.5%から「20%」に上げるよう指示した。イラン側は、がん治療に使うためと主張しているが、欧米諸国は、核兵器開発につながると警戒を強め、制裁の議論を進めている。

2/28

「バンクーバー五輪」銀3、銅2で閉幕

カナダで17日間にわたって熱戦がくり広げられた「バンクーバー五輪」が閉幕した。フィギュアスケートの浅田真央選手やスピードスケートの長島圭一郎選手らが活躍し、日本は銀3、銅2の5つのメダルを獲得した。次の冬季五輪はロシアのソチで開催される。

3/22

グーグルが「中国から撤退」

アメリカのインターネット検索サイト最大手のグーグルが、「中国から撤退」。その理由は、中国政府が検索を制限する検閲を行っており、表現の自由が制限されていて、それを撤廃することを認めなかったためで、中国本土でのネット検索サービスを停止した。

3/30

「25%ページ増」の小学校検定教科書

文部科学省は、2011年度から小学校で使用される教科書の検定結果を発表した。ゆとり教育を改めたため、教科書のページ数が急増。現行の教科書より「25%ページ増」となり、2000年度検定版からは42.8%の増加。道徳や伝統文化に関する記述も増えている。

4/8

東アジアの観光客を「嵐」の力で呼ぶ?

観光庁は、人気アイドルグループ「嵐」を観光立国ナビゲーターに起用すると発表。その目的は、中国、韓国、香港、台湾など東アジアからの観光客を増やすため。「嵐」は現地でも人気があるので、現地で流すCMやイベントなどに出演してもらう予定だ。

4/10

日本人カメラマン「タイの衝突」で死亡

「タイの衝突」の様子を撮影していたロイター通信の日本人カメラマンが、銃で撃たれて死亡した。タイの首都バンコクでは、市街地を占拠していたタクシン派のデモ隊と、それを排除しようとした治安部隊の間で衝突が起こり、多数の負傷者が出た。

ページの先頭に戻る